[Guitar] Fernandes FST-75N Burny Custom

Guitar Music

色々書きたいことがあるんだけれども、一旦WIPで公開。

いつものことながらメルカリで購入。

フェルナンデス、バーニーカスタム、FST 75Nジャパンビンテージ – メルカリ

https://jp.mercari.com/item/m85765916755

シリアルナンバーは 71901 なので、恐らく77年製。

見てわかる通り、大分色々と経てきた感じの子であるんだけれども、永遠に触っていられるような感じがする。
ネックのグリップ感からくるのか、ボディのフィット感からくるのか、もしかしたらそのどちらもかもしれない。

購入時は、本当に恐らく、でしか無いが、フロント・センターは交換されているようで、リアはオリジナルかもしれない。

69年ストラト系にしては音がファットすぎる気がしたので、PUはTourus Handmade Pickups(Handmade in Japan!)のGravityに交換。

Tourus Handmade Pickups ”Gravity” | レトロラボ https://www.retrolab2020.com/items/50267670

出音は最高に気持ちいい状態になった。

サイトの商品ページが消えているようなので、こちらを。

Tourus Pickups “Gravity” ジョンメイヤー イメージ – メルカリ https://jp.mercari.com/item/m96152294423

作者さんのコメントにあるように、ミックスがめっちゃいい。

ピッキングのタッチで伸びるチャリーン音もほんとイメージしている通りに拾ってくれる感じ。

Volいじって適切な出音探すのもこれまた楽しい。

作者さんのコメントに、ハイパス(トレブルブリード)入れた方が美味しいよ、ってあるので、僕の中でのお気に入り 181をインストール。

(この間ストラトはハイパスつけない方がVINTAGEっぽいいい音する、ってことで抜いたんだけど再度入れ直し)

確かに入れる前だと5以下は減衰しすぎてほぼ使えない、というかもう音出てないみたいなイメージがあったけどハイパス入れると2くらいでクリーントーン、という感じで使える範囲が広がった感じがする。

ので、より手元コントロールだけで音色作れる感じになってとてもいい。やっぱり点で見るんじゃなくて、総合的にどう使うか考えながらいじると楽しい。


逆位相じゃなくても良かったかなーとは思うんだけど、この音についてはもう完璧にOK。理想系になった。
ノイズも非常に少ないので、クリーントーンの時は静寂だし、Fuzz, OD踏んだときのサウンドもいい感じ。

セレクターは流石に3Wayではないものの、ハーフでの止まり方が弱くて扱い辛いので安定のCRLに。

バッチリフロントからミックスの切り替えがやりやすくなった。

ポット類は、ピックガードに付いているカバーの残りがついていたため、恐らく純正。トルク感が気になるので、交換したかったが純正のままつかってみようか、ということでホコリを省く程度にしてそのまま。(ベタベタに付いている古いハンダは極力吸い取り線で掃除した)

なんかついてる

Volは本当にスルスル動き、フロントToneはそれなり、センター・リアToneは重い。

元々の配線ではフロント, センター それぞれのToneだったので、センターをリアにも効くように。

ピックガードは、1枚まるまるの代物。フロントPUのネジ入れる部分が割れてしまっているので、少し浮きが出ている。

エポキシパテで埋めてみたものの、微妙だたので、プラリペアを使って補修してみた。骨のようなものを入れないと浮きは解消しないだろうが、仕上がりはまあ一旦いいかな、と。

ストリングガイドはかもめ型の古いタイプ。

3,4弦の方はネジがなめてしまっており、1,2弦の方は穴がゆるくなっており飛んでいってしまうことがあった。

1,2弦のネジ穴にはねじパテを埋めてGOTOH RG15 & RG30 に交換。

今の所可もなく不可もなく。

ネックは結構な感じに元起きしている感じで、マイクロティルトでネック角度調整とクランプをかけてなるだけストレートになるように調整。

こんな感じで熱入れては1日放置して、みたいなことを4回は繰り返した

流石メイプル1ピースネック。すぐには治る気配はないが、それなりに良くはなっている感じがする。

(現時点で1弦 12F上 2.0mm 6弦 12F上 2.8mm)

更に、トラスロッドカバーの径が合っておらず、買い替えMONTREUXの6mmのものに交換。無事にロッドは効くようになった。なお、ロッドの効きは思っているよりもいい感じ。

(ブレット型のロッドカバーが5mmだったので、ロッドも5mmだと思いこんで長ナット買って無理やりロッド溝切り直して回すかー、とか思ってたけど6mmですんなりハマったので力技は使わなくてよかった。)