[docker compose] long syntax の時に delegatedを指定する

Tech


services:
  container:
    image: busybox
    volumes:
      -  type: bind
         source: ${PROJECT_ROOT}
         target: /var/
         read_only: false
         consistency: delegated

volumes に consistency オプションで指定する。

delegated 以外にも cache の場合もこれを利用する。

従来のショートハンドでは

volumes:
  - ${PROJECT_ROOT}:/var/:delegated

と書いてあるケース。