[Headphone] SONY MDR-CD900ST

Music

注:この記事はPoemなので、特に有用な情報はありません。有用な情報は今度気が向いたら書きます。

ちょっと音楽をかじってる人なら聴いたことある・みたことあるはずのSONY 900STさん。

真偽はともかく、某有名スタジオでリファレンスとして使われていて、基本的にボーカル録音時のモニターには900STが使われて、マイクにはノイマンが使われている、という。

(まあ、これは多分本当)

LRのバランスが違うから、パラにすると定位が合ってより良い音になるとか都市伝説もあるくらいには有名なヘッドフォンですね。

これから鳴った音を聴いたことがある方ならわかると思うんですが、本当にモニター、特にヴォーカル・センターポジションの音を聴くには最適で、定位感も当然ながらEQ的な意味ではなくど真ん中で鳴ってる音がズガんと出てくるんですよね。

それでいて後ろが引っ込む感じもなくて、本当に真ん中の音がズガんとぶっこんでくる感じ。

ボーカルさんの返し確認用にこれが選ばれる理由は本当にわかるし、ギターコピーするときにこれ使うとどの音が鳴ってるのかもとてもわかりやすい。

反面、ずっと聴いていると音がかなり強く出てくるので本当に鼓膜が疲れてくる。弱い音が聞こえなくなってくるんですよね。

逆にそれを利点として考えると、相当なレベルの入力を突っ込んでもちゃんと鳴ってくれる。人体の耳が耐えれるかはともかくとして。

わざと現場で周りの音を入れながらRecしたいときっていうのもあるんですよね。マイクだったりルームの特性ももちろんあるけど、スネアに共振してる音を微妙に入れたいとか、ベースの床鳴りをほんの少し入れたいとか。

そういうときにはやっぱりこれが安心。海外スタジオだとAKGとかがリファレンスとして使われるっていうけど。

あとはまあ、これ、各部品ごとに売ってるんですよ。SoundHouseさん見ればわかるけど。

なので、長年使っててやれどこが壊れた、どこがボロボロだってなってもいくらでも継ぎ接ぎで使っていける。

ほんとバッグに適当に入れてもそうそう壊れないし、壊れたらドライバーセットさえあればなんとかなる。(ドライバーユニットは流石にハンダ要るけど)

今は本当に素晴らしいイヤモニとか長くつけてても疲れないヘッドフォンとかあるけど、900STは持っておくといいって先輩が言ってたのは本当にわかる素晴らしいヘッドフォンだと思う。

なお、今どきのミニフォーンジャックには変換アダプタが必要なので、それも最低限家に1個くらいは持っておくといい。

で、ひどいことになっている我が900ST 当然ケーブルは変わっていて、ジャックはNEUTRIK製 ぼーろぼろ。